2015/08/31

バッテリーあがりとストバイミーティング

8月某日。
今年はベガスに行ったりしてた関係でお盆休みに時間が全く取れず、
それでも夏を体感せねばと山梨、秩父あたりに走ってきました。

中央道を甲府南ICで降りて、道の駅とよとみ。

毎度のように無計画で遅めの出発だったので、道の駅の存在は助かります。
とりあえず地元の食材使った料理がありますからね。



山梨と言えば豚肉、ってイメージが強いんだけど合ってる?
フジザクラポークは富士近辺でキャンプする時の必須食材ですね。
ここの道の駅は、精肉コーナーやきちんとした燻製室まであって本格的。


ほったらかし温泉、新設されたバイク専用駐車場の入り口。

 
駐車場自体は舗装されておらず砂利ですが、スタンド埋没防止用に
一定間隔で木片が置いてあります。さすが心得てますねー。


道路挟んだ反対側、新しく工事してました。
開発期間は平成28年12月31日まで。何が出来るのかなー。



さてそんな個人まりとしたツーリングから一週間後、散髪に出かけようと
キーを回したらバッテリーがあがってました。

アンチグラビティバッテリー完全死亡。
多分キー位置をアクセサリーのまま抜いちゃったのかな。

3.5Vですよ。
リチウムバッテリーって電圧の下限値があって確か8〜9Vを下回ると
もう2度と復活しないんです。鉛バッテリーだとサルフェーションだとか
充電器が色々やってくれて便利なんですけどリチウムはダメ。

2年前にも同じように死亡させちゃって復活できず新品購入でした。
まぁ2年使えたなら良いのかなぁ。

ちなみにこの状態で充電器を繋いでも、充電が始まらず
そもそもバッテリーとして認識すらしてくれない様子…。

気を取り直して、放置したまま次のバッテリーを調べて色々やってたら。


復活してる!?
ちなみにこれはキーON時で、無負荷だと14.5Vくらい、ビンビンです。

復活しないんじゃなかったの??
アンチグラビティ様、高いだけあって流石です。
充電器様も諦めないでくれて感謝です。

ということで、また高い出費をし直さなくてよくなりラッキー。

きちんと復活したかな?との確認の意味も含めて翌日、
伊豆スカ(十国峠のレストイン)で開催されたストバイミーティングに参加してきました。

ストバイって他のオートバイ雑誌と比べると若い感じかと思ってましたが
主催者側も参加者もそれなりですよ。うーむ。

詳しく知りませんがオートバイ雑誌の業界ではストバイって異端的な存在らしいです。
それは、自分達が好きな物だけを追いかけ続けてるポリシーがあるからと言ってました。


mixiのオフ会も兼ねました。
ハーバードさんの完成度高いエボスポようやく見られました。
自分と方向性が似てると、何だか安心感があります。

マグ鍛をオーダー中とのことで。何と敢えてのF19R18だそうです。


竹ちゃんさんも初めまして。
かなり手が入ってて良い感じです。

ベースは希少な1200C、メッキエンジンってこれくらいの年式になると良いですよね。
アルミ無垢も良いですけど、古いメッキって好きです。

少しだけ試乗させて頂きましたが前後サンダンスの足回りとサンダンスFCRは
流石でしたが、やっぱりセパハンきついですね。
走り出すと良いんですけど極低速時の取り回しが変な感じです。

セパハンをトップブリッジ下につけるためにフォーク突き出しをマイナスにして、
その影響の修正のためかわかりませんがサンダンスの三又も装着(普通は逆の用途では?)。
やけに重く感じたのはセパハンだからではなく、ディメンションの問題だと思います。
(本人にも一応そう伝えました。でもセパハンでクイック過ぎると危ないしこれで良いのかな?)

ストバイミーティングの参加賞のシール。
黄緑が嫌ですと言ったら、これは色も含めてマン島TTの伝統的なデザインなんだと
怒られました。知りませんでしたが…そうなんですか??

サイズがめちゃ小さいのは、目立ち過ぎず気兼ねなく張りやすいようにとのこと。
デザインもサイズも拘ってるとのことですので、折角なので張りました。


やっぱり目立ってる…。

0 件のコメント:

コメントを投稿